Articles

フィリピン専門の翻訳・通訳ブログ

【マニラ通訳】フィリピン海外雇用庁(POEA)長官Bernard P. Olalia氏の取材

北海道新聞社様より、フィリピン海外雇用庁(POEA:Philippine Overseas Employment Administration)のトップにあたる長官のバーナード・P・オラリア(Bernard P. Olalia)氏への取材にあたり、逐次通訳をご利用いただきました。

コロナ禍での海外で働くフィリピン人労働者(OFW: Overseas Filipino Workers)の動向から、海外送金事情、海外労働者保護のために強化している政策など様々なお話を伺うことができました。詳細は、北海道新聞社の記事(2022年7月30日発行 サタデーどうしん 21ページ)からご覧いただけます。

フィリピン海外雇用庁取材記事(北海道新聞社)

フィリピン行政関係者とのアポイント取得の難しさ

通訳のみに限らず、事前のアポイントメントからご依頼をいただきました。フィリピンの行政関係者へのアポイントメントは、通常の電話やメールで受け付けていただけない場合が多いです。また、日本では想像がつかないかもしれませんが、仮にアポを取り付けても、当日になるとキャンセルされるといった事態も珍しくないため、極めて難易度が高いです。

「日本の常識は、商習慣の異なるフィリピンで通じない」といった事実を改めて感じました。フィリピン特有の事情があるからこそ、柔軟な対応力・交渉力が求められます。

今回のアポイントメントでは、通訳者が事前にフィリピン海外雇用庁事務所(Blas F. Ople Building Ortigas Avenue corner EDSA Mandaluyong City)に直接出向き、委任状や取材趣旨を渡したうえで担当者の連絡先をいただきました。何度かスケジュール調整を行いましたが、バーナード長官がご多忙の中、貴重なお時間をつくっていただき、無事に取材をさせていただくことができました。

弊社では、POLO東京・大阪におけるフィリピン人労働者雇用で必要となる面接通訳フィリピン現地(マニラ・セブ)で通訳者を手配しています。個人のお客様のアテンドから企業間の商談や工場での逐次通訳、国際会議や国際セミナーにおける同時通訳・ウィスパリングなど幅広くご利用いただけます。

また、通訳に限らず、現地企業・行政機関へのアポイントメント代行なども行っております。フィリピン現地の移動で必要となる運転手付レンタカーの手配も承っております。

フィリピンでお困りのことがございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

【マニラ通訳】タマキホーム株式会社

【マニラ通訳】タマキホーム株式会社

タマキホーム株式会社様より、マニラでの建 ...
【マニラ通訳】一般社団法人日本パラバドミントン連盟によるフィリピンでの講習会

【マニラ通訳】一般社団法人日本パラバドミントン連盟

一般社団法人日本パラバドミントン連盟様よ ...
フィリピン小林製薬監査通訳2

【マニラ通訳】小林製薬監査通訳

小林製薬株式会社様より、マニラ近郊で品質 ...
【マニラ通訳】大阪市視察団のマニラでの商談会

【マニラ通訳】大阪市視察団のマニラでの商談会

大阪市から10社ほどマニラの経済状況や投 ...
【マニラ通訳】テレビ朝日の番組取材同行

【マニラ通訳】テレビ朝日の番組取材同行

株式会社テレビ朝日様が取材でフィリピン・ ...