フィリピン無婚姻証明書和訳

Certificate of No Marriage Record/CENOMAR

フィリピンでは重婚が禁止されており、違反した場合は刑法で刑罰も定められています。フィリピン人と結婚する際の必要提出書類のひとつにこの無婚姻証明書、通称セノマールがあります。名称の表す通り、申請者が独身であり、誰とも婚姻関係にないことを証明する公的証書です。婚姻前以外にも、フィリピン人が外国の査証を申請する際に必要になることもあります。

発行元

・Philippine Statistics Authority/PSA (National Statistics Office/NSO)
フィリピン統計局(旧国家統計局)

必要情報

申請時には最低限下記の情報が必要になります。「申請者の氏名」「父親の氏名」「母親の氏名(旧姓含む)」「生年月日」「出生地」「希望郵送先の住所と連絡先」「必要部数」「使用目的」

入手方法

「フィリピン統計局」でオンラインまたは窓口での申請及び「SMビジネスセンター」申請することで入手が可能です。詳しくは、下記「出生証明書(Certificate of Live Birth)和訳」ページの「入手方法」からご確認ください。料金のみ異なりますので、ご注意ください。

出生証明書(Certificate of Live Birth)和訳

  • PSAホームページよりオンライン申請

PSA SERBILIS PSA Birth Certificates (and more) | Online Application | Worldwide Delivery (psaserbilis.com.ph)
料金:PHP 430.00

PSA Helpline.ph PSA (NSO) Birth Certificate Online Application and Delivery (psahelpline.ph)
料金:PHP 420.00

  • PSA事務所での窓口申請

予約サイト: https://appointment.psa.gov.ph/

  • SMビジネスセンターでの申請
    料金:PHP210.00

※文中の価格は2022年7月15日現在のものであり、変更になる可能性があります。

翻訳料金

無婚姻証明書1枚あたりの税込料金です。通常は、ご依頼から2〜4日営業日後の納品となりますが、追加料金にて翌日または即日の納品を承っております。その他、ご要望がございましたらお気軽にご相談くださいませ。

無婚姻証明書
通常2〜4営業日後 5,500円
翌日 6,600円
即日 7,700円

※郵送をご希望のお客様は、別途3,700円(税込)かかります。
※翻訳証明書が必要な場合は、発行手数料別途1通3,300円(税込)かかります。

フィリピンに関わる全てのお客様に、安心・充実の翻訳サービスをご提供いたします。
サービスに関するお問い合わせ・ご相談・お見積もりのご依頼など、まずはお気軽にご連絡ください。
お問い合わせ内容を確認のうえ、24時間以内に担当者よりご連絡をさせていただきます。

お問い合わせ